雨漏り修理に関する疑問

ヘルメットを持つ作業員

体育館のような場所で雨漏りが発生すると、保護者の方から説明を求められたりクレームが発生したりすることがあります。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、雨漏り修理を依頼する際は適切な対応が可能な業者を見つけておきましょう。

トラブルを防ぐための雨漏り修理Q&A

業者の方に雨漏り修理の調査を依頼しようと考えているのですが、どういった方法で屋根を調査してくれるのですか?
屋根の状態を調査するときは、一般的に散水調査や発光液調査を行ないます。雨漏り箇所を把握するには、水の流れを調べることが必要となるからです。この方法で雨漏り箇所が判明しない場合は、赤外線調査などのより専門的な調査を行ないます。
保護者の方にきちんとトラブルの状態を説明するには、どのような方法で雨漏り修理の調査を進めていけば良いのでしょうか?
説明責任を問われる可能性があるのであれば、赤外線調査がオススメです。赤外線調査は科学的な調査であるため説得力があり、また体育館などの場所で検査を実施してもきちんとした説明を行なうことができるからです。

体育館で雨漏り発生したときの対処法

学校や体育館などの施設で雨漏りが発生してしまうと、雨漏りが原因で子供が怪我をしてしまう可能性が発生します。雨漏り修理を実施するのに時間がかかる場合は、個人で応急処置をすることをオススメします。応急処置を施せばトラブルの悪化を最小限に抑えることができるからです。ただ、修理は忘れずに行なうようにしましょう。

子供の身を守るための応急処置

ブルーシートを被せる

ブルーシートを敷く作業員

雨漏りが発生している場所にブルーシートを被せておけば、雨漏りによる被害を小さくすることができます。できるだけ広範囲にシートを設置しておけば雨漏りが発生する確率を下げることができ、屋根の損傷が悪化する心配もありません。

粘着テープや防水テープを貼る

段ボールの上のガムテープ

トタン屋根や陸屋根の住宅で発生した雨漏りは、粘着テープや防水テープを貼ることで一時的にトラブルを防ぐことができます。しかし発生箇所がきちんと判明していないと広範囲にテープを貼ってしまい、屋根の見栄えが悪くなってしまう可能性が高いです。

体育館の屋根は高い!落下のデメリット

一般的な住宅の屋根は約6メートルから8メートル程の高さであるため、個人で修理を行なうこともできます。しかし学校の体育館は屋根まで10メートル以上の高さがあることが多く、個人が屋根へと上って修理を行なうのはとても危険です。万が一体育館のような場所で雨漏りが発生した場合は、業者の方に雨漏り修理を任せるようにしましょう。

建物に適した対策が必要

屋根に破損が生じたことで雨漏りが発生した場合は、屋根の環境や状況に適した工法で雨漏り修理を進めていかなければなりません。アスファルトやウレタンゴムなど使用する屋根材にもいろいろなタイプがあり、それぞれの製品には違った特性があります。建物に適した工法で修理を行なえば、屋根を長い間守り続けることができるでしょう。

TOPボタン